2018年4月8日 ネモフィラの花が見ごろを迎えています

 美濃市下河和の洲原地域ふれあいセンターの前に植えられているネモフィラの花が見ごろを迎えています。ネモフィラはムラサキ科の一年草で、澄んだ青色が特徴的な花です。

 この畑は地元有志が土地の景観を美しく、子どもたちが集まれる憩いの場になることを願い、春はネモフィラや菜の花、夏はひまわりを育てています。

 手入れをしている富田正則さんは、「今年は暖かく、開花の時期がだいぶ早まったので、20日ごろまでが見ごろです。ネモフィラ以外にも、菜の花の迷路を作りましたので、今月中頃まではどちらも楽しめます。」と話していました。

美濃市広報ページ