2018年2月28日 大矢田小学校で横笛づくりが行われました

 美濃市大矢田の大矢田小学校で28日、5年生20人が秋の運動会で披露する「こどもひんここ」のお囃子(はやし)に使う横笛を制作しました。

 これは、400年以上前から地域に伝わる、国選択無形文化財の「大矢田のヒンココ」を学ぶことを目的とした総合学習の一環。

 この日、可児市在住の笛師(横笛制作者)田中敏長さんの指導の下、児童は長さ約36センチの竹筒にキリや小刀で指穴を開け、横笛を完成させました。

 完成後には、横笛の構え方や息の吹きこみ方など基礎を習い、音を出す練習をしました。

 児童は「笛を作るのは難しかったけど、周りに協力してもらってうまくできた。大切に使いたい」と話していました。

美濃市広報ページ