2018年1月20日 花みこしの花つけ体験が行われました

 1月20日美濃市中央公民館にて、中部学院大学の生徒が、花みこしの花つけ作業を体験しました。

 中部学院大学と美濃市とは、平成25年5月より、包括地域連携協定を結んでおり、今回の体験は、同校の学生、教職員とが協力し、その地域の課題などに取り組む「ふれあいコラボワークショップ」の一環として行われたものです。

 学生たちは地元自治会長とめ組のメンバーに教わりながら、長さ約3メートルの竹に丁寧に和紙の花を巻きつけていきました。

 この日花つけを体験した水野さんは「美濃の花みこしのことを全然知らなかった。ぜひみこしも担いでみたい」と話していました。

美濃市広報ページ