2017年12月10日 第22回美濃市文芸祭が開催されました

2017年12月10日 第22回美濃市文芸祭が開催されました

 俳句などの文芸作品を公募する「第22回美濃市文芸祭」の入賞作品が決まり、9日と10日の両日、美濃市上条の中央公民館で展示されました。

 これは、文芸協会と教育委員会が、文芸への創作意欲を高め、情緒豊かな市民性を育てることを目的に毎年開催しているもの。

 会場には、応募総数1,894点のうち優秀作品122点が、俳句、短歌、狂俳、川柳、俚謠(りよう)、小中学生俳句、短歌、川柳の8部門に分かれて展示されました。

 「小春」「遺産」を題材にした狂俳や、夏休みの思い出、ひんここ祭りの様子を表現したものなど、さまざまな作品が会場に展示され、訪れた人はお気に入りの作品を探していました。

About 美濃市広報ページ