2017年3月2日 うだつの町家のおひな様が始まっています

 旧家に伝わる江戸時代のひな人形や美濃和紙を使ったひな人形を町家の座敷や縁側に飾る「うだつの上がる町家のおひな様」が、美濃市のうだつの上がる町並み一帯で始まり、多くの観光客の目を楽しませています。4月3日まで。これは、町並みの活性化を図る美濃ゆめまち会と美濃市観光協会が毎年開催しているものです。

 市内約60カ所の店舗や民家などに、ひな壇飾りや土びななどが並べられています。旧今井家住宅には、美濃和紙の着物を着た上有知雛を展示。十二単などの装束のほか、ぼんぼりや牛車、飾り道具なども美濃和紙で作られており、訪れた人は美濃市らしいひな人形を楽しんでいました。

 期間中は、スタンプラリー、結び雛づくりなど多くの催しが行われます。

問い合わせは、美濃市観光協会(0575-35-3660)まで

美濃和紙の着物を着たおひな様展示場所
・旧今井家住宅・美濃史料館(入館料:高校生以上300円)
・美濃和紙あかりアート館(入館料:高校生以上200円)

美濃市広報ページ