2015年12月11日 洲原神社垢離取祭復活

 白山信仰の前宮である洲原神社で11日、約75年ぶりに白山大神をお迎えするための祭礼「垢離取祭」が行われました。垢離取祭では、斎主に選ばれた人が同神社横を流れる長良川に何度も入り、沐浴で身を清め、白山大神を迎える準備をします。
 これは同神社で4月に行われる神送祭である「例大祭」の対の祭礼。白山は雪深い山で、冬には参拝が困難であったことから、参拝者のために同神社に白山大神を迎え、春にお送りする祭礼が行われていましたが、戦後、垢離取祭はさまざまな事情により行われなくなっていました。
 今回、神勅を受けて斎主となったは神職は、長良川に入ってみそぎを行い祝詞を奏上する一連の流れを、朝6時から2時間ごとに7回実施。神職は、昨晩からの雨で増水している長良川にかけ声ともに潔く川に入り身を清め、白山大神を迎えました。

mktadmin
info@mkt-system.jp