2016年12月12日 第100回交通安全県民運動が始まりました

 年末の交通安全県民運動の期間に合わせて12日、中濃総合庁舎で第100回交通安全県民運動出発式が行われました。これは、昭和37年3月、関係機関・団体と連携し、交通安全を確保することを目的に、岐阜県交通安全対策協議会が設立され、今回の運動で100回目を迎えることを記念して、県下一斉に街頭啓発車の出発式を行ったものです。
 関警察署長木下裕さんは、「今年の締めくくりとして、しっかり笑顔で新しい年を迎えられるように、夜間のハハハに取り組みましょう」とあいさつ。その後、県、関、美濃、郡上、関警察署、郡上警察署などの関係団体の約70人や、3市ゆかりのゆるキャラ5体に見送られ、街頭啓発車が出発しました。

夜間のハハハとは、
ハ…早目のライト・オン
ハ…ハイビームが基本
ハ…反射材の着用

mktadmin
info@mkt-system.jp