2016年12月5日 美濃小学校でタウンミーティングが行われました

 美濃市泉町の美濃小学校で5日、5~6年生が「言葉の行き違いから生じるトラブルについて(情報モラル)」をテーマに討論会を行いました。これは、自分たちの身の回りにある危険について知り、自分を守るために、仲間や少年警察ボランティアの方と交流することを通して、規範意識を高めることが目的です。
 最初に、児童らは言葉の行き違いから生じるトラブルに関するDVDを視聴し、各グループに分かれて討論を開始。「メールの文章は、打った後にもう一度確認するといい」、「勘違いからすぐに仲間外れにするより、直接話をした方がいい」など活発に意見を出し合いました。
 「メールには良さも悪さもあります。ぽかぽか言葉を活用し、無理に流行の言葉を使わず、丁寧な言葉を使うように気をつけてほしい」というボランティアの話に、児童らは真剣に耳を傾けていました。

mktadmin
info@mkt-system.jp