2016年10月7日 仏教講座が開かれました

 美濃市泉町の文化会館で7日、美濃市仏教会・美濃市檀信徒会が第62回仏教講座を開催しました。同会は、年に一度文化会館で市民の幸せを願って仏教の教示を行う講演会を開いています。
 この日、音楽法話グループ「一期一会」を招き、「音楽法話第二章~心の健康講座~」と題した講演会が開かれました。「一期一会」は、平成19年に結成され、楽器を用いて唱歌や童謡、御詠歌などを歌い、生きる喜びを分かち合いたいと活動を続けています。
 「一期一会」の関守さんと山本さんは、「祖父母や両親に捧げる歌」をテーマに「大きな古時計」や「トイレの神様」、「秋桜」、「退職の日」などの曲を披露し、その合間に、「供養とは、忘れないことだ」「挫折のない人生はない」「苦しみが強ければ強いほど、そこを突き抜けたときの安らぎは大きい」などの法話を行いました。
 集まった約300人は、バイオリンの音色、二人が織りなすハーモニーにうっとりと聞き入りながら、楽しいひとときを過ごしました。

mktadmin
info@mkt-system.jp