2016年7月5日 美濃まちゼミが始まっています

 美濃市内のお店の店主や店員が講師になって、専門家の立場で知識を教えてくれる少人数制ミニ講座「第4回美濃まちゼミ」が始まりました。
 これは、美濃市を活気づけようと、美濃商工会議所が開催しているもので、今回は30店舗がゼミを開き、全38講座が開講されています。
 美濃市常盤町のギャラリー笹屋では、さまざまな種類の木から自分だけのオリジナルペンダントを作ることができます。
 この日参加した市内の2人は講師の鈴木美智子さんから説明を聞いた後、ヒノキ、クスの木、ホオの木、カエデから好きな木を選び、ヤスリをかけて形を整え、紐とビーズを選んでオリジナルのペンダントを作成しました。今回選んだ木はヒノキ。やわらかくて香りが良く、ヒーリング効果があります。
 参加者は「木のものを作るのに興味があったので参加しました。楽しかった」「他のゼミにも参加したい」と話していました。
 今後も、美濃市内の店舗で和菓子作りや和紙製品づくりなどさまざまなゼミが開講します。開講講座の一覧は、美濃商工会議所のホームページで公開しているほか、市役所や市中央公民館などにパンフレットが設置されています。

mktadmin
info@mkt-system.jp