2016年5月24日 自衛官募集相談員委嘱状伝達式が行われました

自衛官の募集業務に協力する「自衛官募集相談員」の委嘱式が24日、美濃市役所で行われました。
委嘱式では、引き続き相談員となった高瀬好儀さん(極楽寺、継続・5期目)、小坂善紀さん(相生町、継続・5期目)、纐纈貴美男さん(保木脇、継続・3期目)の3人に、武藤鉄弘美濃市長が委嘱状を、自衛隊岐阜地方協力本部の福原弘教本部長が、募集活動用の資料を手渡しました。
武藤市長は「熊本地震での災害救助をはじめ、自衛隊は、国民の生命、財産を守るための活動を行っており、多くの市民が注目しています。3人の方々は相談員として、その活動を行う自衛隊への協力と尽力をお願いしたい。」と話しました。
福原本部長は「2年間の任期の間、自衛隊と地域をつなぐ架け橋役としての活動に期待しています。自衛隊への入隊者数は微増傾向にあるものの、募集活動には引き続き力を入れていくため、相談員の支援をお願いしたい。また、相談員の3人には、自衛隊の活動を多くの人に知ってもらえるような取り組みにも協力いただき、一緒になって、自衛隊への理解を深めていきたい。」と話しました。

mktadmin
info@mkt-system.jp