2016年5月4日 美濃流し仁輪加実演会が開かれました

 国選択無形民俗文化財の風刺と洒落(しゃれ)を効かせて演じる寸劇「美濃流し仁輪加」の実演会が3日から5日まで、美濃市観光協会前ポケットパークで開かれ、大勢の観光客でにぎわいました。
 これは、美濃市観光協会が仁輪加を多くの人に楽しんでもらおうと、毎年大型連休に合わせて開催するもの。今年は、相生町大笹社、常盤町二鷺舎中、東市場町若松東友会が出演しました。
 2日目は、常盤町二鷺舎中が仁輪加を披露。運行を開始した長良川鉄道「ながら」を題材に仁輪加を披露。
 市長のトンネル脱線事故を起こした長良川鉄道が「ながら」を運行するのが心配だという声に、「復旧した長良川鉄道のことならなぁ、しかっりと軌道に乗っ取るわな」と落としすと、観光客らから多くの拍手がわきました。

mktadmin
info@mkt-system.jp