2019年7月26日 (仮称)市民わくわくふれあいセンターの安全祈願祭および起工式が開催されました

 美濃市保健センター西側で旧美濃病院の跡地にに建設される「(仮称)市民わくわくふれあいセンター」の安全祈願祭および起工式が開催され、武藤美濃市長をはじめ、来賓や関係者など約80人が出席し、工事の安全を祈願しました。
(仮称)市民わくわくふれあいセンターは、保健センター・児童センター・老人福祉センターなど老朽化した施設の機能を集約した複合施設で、各センターの利用者が交流できるラウンジや、300席ある多目的ホールも併設されます。
 安全祈願祭の後に行われた起工式で、市長は「市民からいろいろな意見をいただき、6年かけ今日の式にたどり着いた。多くの市民が世代を超えて交流する場になってほしい。」とあいさつをしました。
 全体の完成は、令和3年1月を予定しています。

美濃市広報ページ