2016年4月12日 牧谷小学校児童が和紙染めに挑戦しました

美濃市蕨生の牧谷小学校で12日、4年生の児童31人が美濃和紙の紙染めに挑戦しました。
この和紙染めは、「ふるさと美濃を知り学ぶ」という総合学習の一環で、美濃和紙について学習するものとして毎年行っているもの。この日児童たちは、縦横1メートル程の大きさの和紙を、約20色用意された染料で思い思いに染めていきました。手順は、大きな和紙をクシュクシュとおにぎりのように小さく握り、それを染料に浸し、2人一組で端を持って、広げて乾かすといったもので、約100枚を染め上げました。
子どもたちは「次は何色にしようかな。」「色の濃淡がきれいにできた。」と満足そうでした。 
染めた和紙は、校内で使う学級目標の掲示物の飾りに使われるほか、あかりアート作品の材料として使用されます。

mktadmin
info@mkt-system.jp