2019年6月13日 原水爆禁止国民平和大行進美濃市出発式が行われました

 美濃市役所にて、2019年原水爆禁止国民平和大行進の美濃市出発式が開催され、武藤美濃市長、古田市議会議長が激励しました。
 この行進は、核兵器の禁止を求めて、1958年に広島から、その年の原水爆禁止世界大会の開催地である東京まで行進したことから始まり、今年で61年となるものです。
 出発式では、東京から行進を続けている小林和江さんが「被爆者の願いをこめて歩いています。広島まで元気よく歩いていきたい」とあいさつ。市長や議長からメッセージを書いたペナントを受け取りました。
 式が終わると、参加者たちは横断幕を先頭に「核兵器を無くしましょう」と呼びかけながら、関市へと歩を進めました。

美濃市広報ページ