2019年5月8日 松美保育園で茶摘み体験が行われました

 松美保育園の全園児94人が、園に隣接する長徳院参道で茶摘みを体験しました。
 これは、園児が茶摘みや茶もみを体験することで、お茶ができるまでの過程を学んでほしいとの思いから、同園が毎年開催しています。
 この日園児たちは、地域のボランティアグループ「ほほえみサロン」の方々から指導を受けながら茶摘みに挑戦。摘む葉を確認しながら、丁寧に新芽を摘み取っていきました。
 また、本堂では、旧暦に合わせた花まつりも同時に行われ、園児たちは、甘茶をお釈迦(しゃか)様にかけてお祝いしました。
 園児たちが摘んだお茶の葉は、茶もみをした後、一週間ほど陰干しされ、給食の時間や保護者会などでお茶として味わう予定です。

美濃市広報ページ