2019年3月8日 昭和中学校で立志のつどいが開かれました

 美濃市大矢田の昭和中学校で「立志のつどい」が開催され、2年生31人が大人への一歩を踏み出す自覚を新たにしました。
 これは昔の元服式にあたる年齢を迎えた2年生が、両親への感謝の気持ちや自分の生き方を見つめ直すために毎年実施しているものです。
 この日、代表者5人が、これまでを振り返り、今後の決意を述べた作文を集まった保護者約20人を前に発表。その後、一人一人が「努力宣言」として、「仲間のためにできることを考えていきたい」「何事も諦めずに頑張りたい」などと力強く決意を語りました。

美濃市広報ページ