2019年1月11日 牧谷小児童がコウゾの皮むき作業を体験しました

 美濃市片知の美濃市こうぞ加工所で、牧谷小学校4年生児童21人が美濃和紙の原料となるコウゾの皮むき作業を体験しました。

 同校では、総合的な学習の一環として、毎年4年生が美濃和紙について学んでおり、昨年11月にはコウゾの刈り取りを行っています。

 この日、児童たちは、こうぞ生産組合穴洞支部の千田支部長と組合員5人に教わりながら、あらかじめ蒸して樹皮をやわらかくしておいたコウゾの先を2本の鉄の棒に引っかけ、一気に引っ張り、樹皮をむいていきました。

 児童たちは、「最初は難しかったが、だんだん慣れてきてうまくできた」「皮むき作業の大変さが分かった」と話していました。

美濃市広報ページ