2018年11月8日 武義高校で人権教育講演会が開かれました

 岐阜県立武義高等学校で人権教育講演会が開かれ、全校生徒が人権について考えを深めました。

 同校では、12月4日から10日の人権週間を控えた11月を「人権教育推進月間」として定めており、この講演会はその一環として開催されました。

 この日は、名古屋市立大学の榎木准教授が「インドの歴史とカースト制」というテーマで講演。自身のインド留学の話を交え、カースト制による身分の違いでどれほど生活や扱いが異なるかを、映像を使いながら説明しました。

 生徒たちは、日本とは全く異なる制度や生活について驚きながら、熱心に耳を傾けていました。

美濃市広報ページ