2018年7月22日 御手洗地区で虫送りが行われました

 美濃市御手洗地区で、市無形民俗文化財に指定されている虫送りが行われました。

 これは、平安時代末期、稲の切り株につまずき、命を落とした武将斉藤実盛(さねもり)が「ウンカ」となって農作物を荒らしたという言い伝えにちなんで行われる伝統行事です。

 市内では、同地区と上野地区で毎年この時期に行われ、豊作と厄よけを願います。

 この日御手洗地区では、自治会から委託を受けた地元シニアクラブのメンバー約30人が参加。

 そろいの法被姿をした参加者は、御幣を先頭に「ウンカの神のおん立ちじゃー、なんまいだー」と太鼓に合わせて声を上げながら、地区内を練り歩きました。

美濃市広報ページ