2018年6月25日 牧谷小学校児童がカワゲラウォッチングを体験しました

 美濃市蕨生の牧谷小学校5年生27人が、校区内の板取川でカワゲラウォッチングを行い、川の生き物の観察や水質調査を体験しました。

 カワゲラウォッチングは、川に住む水生昆虫の種類を確認し、川の水質を調べるもので、この日は岐阜県美濃土木事務所の職員3名が、児童たちの指導にあたりました。

 児童たちは6グループに分かれて川に入り、石の裏に潜んでいる虫たちを手持ちの写真と照合し、どんな種類の生物がいるかを確認していきました。

 児童たちは、この日の調査でカワゲラやヒラタカゲロウなどきれいな川に生息する虫たちが板取川にいることを確認し、「きれいな川にしか住めない虫がたくさん見つかった。板取川がきれいな川だとわかって、とてもうれしい」と満足そうに話してくれました。

美濃市広報ページ