2018年6月16日 大滝文庫蔵書寄贈式が行われました

 美濃市内で和紙販売業を営む㈱シイング(紙ING)で会長を務め、先ごろ逝去された大滝國義氏が所有する和紙や紙に関する蔵書の寄贈式が美濃和紙の里会館で行われました。

 大滝氏は生前、和紙や紙に関する書籍を数多く収集しており、今回、本人の希望もあって、それらの蔵書約3500冊が遺族から美濃市へ寄贈されました。

 美濃市長は、「すばらしい蔵書をたくさん譲っていただいた。大切に保管しながら、世界に発信したい」と話しました。

 寄贈された蔵書の一部が7月9日まで、美濃和紙の里会館で公開されています。

美濃市広報ページ