2018年6月10日 みちくさ館で菖蒲まつりが開かれました

 美濃市曽代の地域特産物販売所「みちくさ館」で、菖蒲まつりが開催され、多くの人がハナショウブの鑑賞や買い物を楽しみました。

 このイベントは、みちくさ館を運営する美濃特産物直売組合が、同館北側庭園のハナショウブの見ごろに合わせて毎年開催しています。

 会場には、地元で採れた青梅やらっきょう、ジャガイモ、トウモロコシなどの新鮮な野菜が並べられ、特設テントでは、美濃市の姉妹都市である北海道士幌町の小豆などが特別価格で販売されました。

 また、館内では7月末まで写真愛好家グループ「フォト美濃」の写真展が行われており、来場者は買い物をしながら、地元の風景などを写した作品を楽しみました。

美濃市広報ページ