2018年5月20日 第1回みの健康講座ラリーが開催されました

 美濃病院健診棟にある「みの健康ホール」で、平成30年度 みの健康講座ラリーの第1回が開催され、市民100人が健康の秘訣(ひけつ)について学びました。

 これは、自分の健康は自分で守りつくることができるよう、予防や早期発見、早期治療を勧めるために、保健センターが定期的に講座を開催するものです。

 第1回は岐阜大学大学院の秋山治彦教授を講師にお招きし、「骨粗しょう症は寿命を短くする病気です!?」というテーマで講演が行われました。教授は「骨が折れ、歩くのが不自由になると、死亡するリスクが高まります。」と話し、おすすめの食事やバランス力と筋力を鍛えるための体操などを紹介しました。

 また、講演会の前後には骨密度測定も行われ、参加者は自分の健康状態を確認していました。

美濃市広報ページ