2018年5月14日 牧谷小学校児童がアユを放流しました
 美濃市蕨生の板取川河畔で、牧谷小学校5年生の児童27人が、アユの放流を行いました。

 これは総合的な学習の一環として毎年行われているもので、地域の環境について学ぶことを目的としています。

 この日は、大きさ約10センチのアユ1万匹が用意され、児童たちは長良川中央漁業協同組合の職員や会員にアユに触れる際の注意することなどを教わりながら、アユを川へ放流しました。

 放流の際、アユについて事前に学習していた児童たちは、アユのにおいをかいだり、手触りや体の特徴を確認したりしていました。

美濃市広報ページ