2018年3月22日 みの あーと いんふぉ ―和紙の絵てがみ(ETEGAMI)―

 美濃市泉町の吉田工房で21日から25日までの間、NPO法人四つ葉のコウゾが主催する「みのあーといんふぉ―和紙の絵てがみ(ETEGAMI)―」が開催されました。

 昨年9月ごろから、以前「美濃・紙の芸術村事業」で市内に滞在した芸術家や美濃に関わりのあるアーティストなどに、手すき和紙のはがきに絵を描いて送ってもらいました。

 44人のアーティストが描いた美濃の町や、春をイメージしたもの、立体的な絵はがきなど、56枚が展示され、同時に開催された無料ワークショップでは、訪れた方がアーティストが使用したのと同じ和紙のはがきに、絵の具で自由に絵てがみを描いて楽しみました。

美濃市広報ページ