2018年3月11日 曽代花みこしの花まき作業が始まりました

 美濃市曽代の道の駅美濃にわか茶屋で11日、同地区の地元有志でつくる「曽代のみこし実行委員会」が美濃の春を彩る花みこしの花巻き作業を公開し、同駅の来場者に花みこしをPRしました。

 この日、同駅に会員5人が集まり、長さ約4メートルのしないに和紙でできた花を巻き付ける「花巻き」の作業を実演。和紙の花に付けたこより部分をしないにのりで貼り、その上から緑の紙テープを手際よく巻きつけ固定していきました。来場者用には、30センチのしないを使った花巻き作業体験会も実施しており、完成したみこしの花は持ち帰ることができます。

 実行委員は「曽代の花みこしを絶やさないようにがんばりたい」と話していました。

 曽代の花みこしは4月15日(日)にみちくさ館から道の駅までを練り歩きます。

 曽代の花巻き体験は、3月17日、18日、24日、25日の9時から12時までできます。

 ※日程が変更になる場合もあります。

美濃市広報ページ