2018年1月31日 昭和中学校で立志のつどいが開かれました

 美濃市大矢田の昭和中学校2年生による「立志のつどい」が31日、大矢田体育館で開催され、生徒たちは大人への一歩を踏み出す自覚を新たにしました。

 これは昔の元服式にあたる年齢を迎えた2年生が、これまでの成長記録、努力宣言の発表や合唱を披露することで、両親への感謝の気持ちや自分の生き方を見つめ直すために毎年実施されるもの。

 この日、評議員や保護者、1年生の生徒たちを前に、47人が努力宣言として、「続」「進」など自分の決意を書いた額入りの色紙を頭上に掲げ、「自分でやると決めたことは最後までやり続けたい」「自分から進んで取り組みたい」と決意の言葉を述べました。

美濃市広報ページ