2018年1月7日 七草粥(がゆ)のつどいが開かれました

 1年間の無病息災を祈る「七草粥(がゆ)のつどい」が7日、美濃市内2カ所であり、地域住民が出来たての七草粥(がゆ)を舌鼓を打ちました。

 この行事は、市保健センターや美濃市食生活改善推進協議会が、お正月の伝統料理をふるまい、初春の訪れを楽しんでもらおうと、毎年この時期に開催してます。

 極楽寺の藍見地域ふれあいセンターでは、藍見地区の同協議会会員6人がセリやナズナ、ホトケノザなどの春の七草に、焼きもちを加えた約100食分の七草粥(がゆ)を調理し、来館者に無料で提供しました。

 訪れた人は熱々の七草粥(がゆ)で体を温め、素朴な味わいに顔をほころばせていました。

美濃市広報ページ