2017年10月7日、8日 第24回美濃和紙あかりアート展が開催されました

 江戸時代の情緒が残るうだつの上がる町並みに美濃和紙で作ったあかりのオブジェが並ぶ「第24回美濃和紙あかりアート展」が7日と8日に開催され、訪れた約9万人が幻想的な空間に酔いしれました。

 全国のあかり作家や小中学生によって作られたあかりのオブジェ413点(一般部門296点、小中学生部門117点)を展示し、夕暮れから点灯しました。

 会場付近では美濃和紙の販売を行う「みの紙まつり」や、特殊な光で情報を取り込み、キーワードを集めてプレゼントが当たるLinkRay(リンクレイ)体験イベントも開催され、多くの観光客が楽しみました。

 13日からは歴代優秀作品をアクリルケースに入れて展示、点灯する「あかりの町並み」が、うだつの上がる町並みでスタートします。11月30日まで。

あかりの町並み
期  間 10月13日(金)~11月30日(木)
点灯時間 17:00~21:00
場  所 うだつの上がる町並み

特別展示 
今年の大賞作品を旧今井家住宅前に展示、点灯します。
期  間 10月14日(土)15日(日)
点灯時間 17:00~20:00頃

美濃市広報ページ