2016年1月21日 中有知小学校で租税教室が開かれました

 美濃市生櫛の中有知小学校で21日、税の仕組みについて学ぶ租税教室が開かれ、6年生児童30人が税金の仕組みについて学びました。
 これは社会科の授業の一環で、税金について理解を深めることを目的に、美濃市役所税務課職員を講師に招き、実施したものです。
 児童は職員から税金の流れや種類などについて説明を受けた後、税金の無い世界を描いたアニメを視聴。税金が住み良い世界のために使われていることを学び、税の大切さ、納税の必要性を実感していました。
 授業を受けた児童は「税金なんて無ければ良いと思っていたけれど、無いと生活が困ることを勉強しました。税金は大切です。」と感想を述べていました。

mktadmin
info@mkt-system.jp