2017年8月5日 「浴衣で茶道」が開催されました

 美濃市上条の中央公民館で5日、中央公民館生涯学習講座「児童茶道」と「着物のきつけ」を併せた「浴衣で茶道」が開催され、「着物のきつけ」講座の講師と受講生に浴衣を着せてもらった児童たちが茶道を行いました。

 これは、それぞれの講座の受講成果を確かめ、体感するために、夏休み期間の児童茶道講座において浴衣での茶道を行ってもらおうと開催されたもの。

 この日、児童茶道の受講生25人は、二つのグループに分かれ、高学年はお点前の披露、低学年はお菓子とお茶を運ぶ練習をしました。

 お点前を披露した児童は、「浴衣を着ることで気持ちがしゃきっとしました。今日は覚えが不完全なところを確認することができました」と話していました。

美濃市広報ページ