2017年7月3日 「社会を明るくする運動」メッセージ伝達と街頭啓発が行われました

 犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築くための全国的な運動「社会を明るくする運動」のメッセージ伝達が3日、美濃市役所1階ロビーで行われました。

 この運動は、昭和24年に地域住民有志が始めた活動で、今年67回目を迎えます。7月は、「社会を明るくする運動」の全国強調月間にあたり、岐阜県では街頭啓発活動などが展開されます。

 この日は、関美濃保護区保護司会や美濃地区更生保護女性会のメンバー約30人が参加。

 武藤鉄弘美濃市長は、「この活動がさらに大きく羽ばたき、市に犯罪のないようにご支援いただきたい。」と激励しました。

 その後、メンバーは道の駅美濃にわか茶屋にて、啓発グッズの配布をしました。

美濃市広報ページ