2017年6月1日 全国大会出場者激励会が行われました

 第51回BPAJ全国ボウリング競技大会にダブルスの部で出場する日置美保子さんが1日、美濃市役所を訪れ、武藤鉄弘市長と土本恭正体育協会会長、樋口宜直教育長から激励を受け、大会への意気込みを語りました。

 日置さんはNBF(日本ボウラーズ連盟)岐阜のメンバーとして、毎週月・木曜日に関ボウリングセンターで練習しており、ボウリング場の記録会、地区大会をはじめ、各種大会に積極的に参加しています。公式戦で、パーフェクト(300点)を2度達成している実力の持ち主です。

 市長は「持てる力を発揮し、美濃市をPRしてほしい」と激励しました。日置さんは「厳しい戦いになると思いますが、精いっぱい持てる力を発揮して戦いたい」と意気込みを語りました。

 大会は6月2日から4日の日程で、富山市の富山地鉄ゴールデンボウルで開催されました。

美濃市広報ページ