2017年3月6日 岐阜県立森林文化アカデミーで卒業式が行われました

 美濃市曽代の岐阜県立森林文化アカデミーで6日、卒業式があり、森と木のクリエーター科と同エンジニア科の2年生計31人が旅立ちました。来賓や在校生約130人が見守る中、卒業生は涌井史郎学長から一人ひとり卒業証書を受け取りました。

 涌井学長は「2年間で得た思い出を胸に、立派な社会人として活躍してほしい」と激励。 在校生代表の森と木のエンジニア科1年の福本祐大さんが「アカデミーの仲間との絆を宝とし、未来を切り拓いてください」と送辞を述べ、これを受け、卒業生代表の森田綾子さんが「アカデミーでは、学び、出会い、機会をいただき、学ばせていただいた2年間でした。今までの価値観に疑問を持ち、新しいやり方を果敢に挑戦していきたい」と答辞を述べました。

美濃市広報ページ