2017年1月20日 牧谷保育園で正月あそび大会が開かれました
 
 美濃市上野の牧谷保育園で20日、正月あそび大会が開かれ、3歳以上児の31人がかるたやこま、巨大すごろくを楽しみました。
 これは園児たちに正月の伝統的な遊びを楽しんでもらおうと、毎年この時期に同園が行う恒例行事です。
 午前中にかるたやこま回しを楽しみ、午後からは3グループに分かれて縦7メートル横1メートルの和紙で作られた巨大すごろくに挑戦。園児が投げるサイコロの目の数だけ進み、ゴールに到達する早さを競いました。すごろくには1回休みや2個進むなどと書かれており、園児たちは「あと少し」、「頑張れ」と声を掛け合い、楽しいひと時を過ごしました。

mktadmin
info@mkt-system.jp