2016年9月11日 ジュニエコin美濃 合宿セミナーが開催されました

 美濃市内の児童に会社経営を体験してもらう「ジュニアエコノミーカレッジin美濃」合宿セミナーが10日~11日、美濃市安毛のいずみ荘で行われました。
 これは、美濃商工会議所が未来の美濃市を担う人材を育成しようと開催しているもので、7月のドリームセミナーから開始され、約6カ月間で、会社の設立、商品企画、販売、決算を学ぶものです。開発商品は11月に開催される美濃市産業祭で販売されます。
 今回のセミナーでは、1日目に、参加児童が販売する商品について原価がいくらかかるのか、販売価格はいくらにすべきかなどを話し合い、商品企画資料を作成。2日目に商工会議所のスタッフが扮(ふん)する銀行や証券会社社員へ商品売り込みのプレゼンテーションを行いました。
 牧谷小学校から参加している(株)牧谷フォーの児童は、「千寿菜スープ」と「色々すくい」を売り込みました。原価の根拠や天候によって左右される商品であることなど、スタッフからの質問に、自分たちの考えを堂々と発表し、経営者の顔を見せていました。

mktadmin
info@mkt-system.jp