2016年8月29日 士幌町訪問事業活動報告会が行われました

 市防災中央コミュニティセンターで29日、8月17日から3泊4日の日程で行われた美濃市・士幌町小学生フレンドシップ交流事業に参加した市内小学校の代表5人が、士幌町での体験を市長や保護者たちに報告しました。
 同事業は、美濃市と士幌町の小学生がお互いの市・町でホームステイしながら、さまざまな体験学習を通して交流するもので、平成6年から毎年行われています。今年は、飛行機を利用して士幌町に向かい、町内にホームステイしながらバター作りや牧場見学などを通じて士幌町の人たちと交流を深めてきました。
 代表児童は、「熱気球から見た、どこまでも広がる畑や道は最高でした」、「美濃市の良さをホームステイ先でたくさん話し、親善大使としての役目を果たすことができた」、「美濃市と士幌町とで違いもあったけど、ふるさとを大切にする心は同じだと分かった」とそれぞれ体験し、学んだことを堂々と発表しました。
 武藤市長は「体験してきたことをこれからの勉強に役立ててほしい」と話しました。

mktadmin
info@mkt-system.jp