2019年9月6日 美濃市・士幌町フレンドシップ交流事業報告会が行われました

 8月21日から24日の日程で行われた「美濃市・士幌町小学生フレンドシップ交流事業」に参加した市内小学校の代表5人が、市長や市議会議員などを前に、士幌町での体験を報告しました。
 この事業は、美濃市と士幌町の小学生がお互いの市町にホームステイをしながら、さまざまな体験と交流をするもので、平成6年から毎年行われています。
 各学校の代表児童は、「空気・木々・畑の広さなど美濃市との違いを体感した。」、「ホームステイ先の方々が温かく、家族のように接してくれてうれしかった。」など、それぞれ体験をして学んだこと、心に残ったことを発表しました。
 武藤市長は「美濃市の親善大使としっかり役割を果たしてくれた。この体験を忘れず、今後もさまざまなことに興味をもって取り組んでほしい。」と話しました。

美濃市広報ページ