2019年6月29日 からだ改善プロジェクト「体力テスト」と「食事指導」が行われました

 市民の健康年齢向上を図る「からだ改善プロジェクト」の一環として体力テストと食事指導が行われ、公募で集まった市民23人が参加しました。
 このプロジェクトは、1年を通して一人一人の健康状態に合わせた食事療法や運動プログラムを専門家のアドバイスの下で実践することで、よりよい健康状態となることを目指すものです。
 この日、美濃市体育館に集まった参加者たちは、中部学院大学の有川准教授と学生たちに教わりながら「体力テスト」に挑戦。反復横跳びや上体起こしなど年齢に応じて6種目取り組んだ後、握力や腹筋などを家で簡単に鍛えられるトレーニングを学びました。
 また、岐阜女子大学の笠井准教授と学生による「食事指導」が会場を変えて行われ、参加者たちは、食物繊維を意識したメニューを試食し、適切な塩分量やご飯の量などを体感しました。

美濃市広報ページ