2019年6月14日 牧谷小学校でトロロアオイの種まきが行われました

 牧谷小学校の4年生児童18人が、校庭の畑で、紙すきに使う粘剤となるトロロアオイの種まきをしました。
 トロロアオイは、アオイ科の一年草で、「ねべし」と呼ばれる根から出る透明な粘液に、水とコウゾの繊維を均等に分散させる効果があることから、美しい和紙をすくためになくてはならないものとして利用されています。
 この日児童は、紙すき職人の鈴木さんからトロロアオイについての説明を受けた後、畑に2列の溝をつくり、その中にトロロアオイの種を入れ、優しく土をかぶせていきました。
 この日種をまいたトロロアオイは、児童たちが草抜きや芽かきをしたりして世話をし、11月に収穫する予定で、自分たちが卒業証書をすく時の材料として使われます。

美濃市広報ページ