2019年4月9日 大矢田神社春の例大祭の練習が行われました

 美濃市大矢田の大矢田神社で13、14日に行われる「春の例大祭」を前に、祭りで奉納される稚児獅子の舞などの練習が行われました。
 「ならし」と呼ばれているこの練習は、7日から3日間行われており、最終日のこの日は、稚児獅子の舞を演じる幼児・小学生など83人の地域住民が集まり、通し練習を行いました。
 祭礼当日と同じ獅子の舞の衣装をまとった小学生は、「首を振る動きが難しかったが、振りはしっかり覚えた。当日は全力で獅子になりきって頑張りたい」と意気込みました。
 14日には、稚児獅子の舞などに加え、国の無形民俗文化財に選択されている人形劇「ひんここの舞」も奉納されます。

美濃市広報ページ