2019年2月26日 ふれあい会食会が開かれました

 美濃市港町の美濃緑風荘で、「一人暮らし高齢者ふれあい会食会」が開催され、美濃地区に住む72歳以上の一人暮らしの高齢者85人が集まり、交流を深めました。
 これは、日ごろ閉じこもりがちな一人暮らしの高齢者を対象に、外出の機会を増やし、参加者と交流することで社会的孤立や孤独感を和らげてもらおうと、美濃市社会福祉協議会美濃支部が毎年開催しているものです。
 会食前には、地域包括支援センターの堀さんが、座ったままでできる指先などの体操を紹介。参加者は、歌を歌いながら指先を動かしたり、左右の手で違う動きをする体操に挑戦したりして、楽しんで脳や体の筋力を鍛えました。
 その後、昼食会や音楽療法士の田川さんと東野さんによる体感音楽療法パフォーマンスが開催され、参加者は懐かしい歌を歌ったりして楽しいひと時を過ごしました。

美濃市広報ページ