2019年2月21日 中有知小学校児童がジャガイモの種イモを植えました

 中有知小学校の1年生児童46人が、学校付近の畑でジャガイモの種イモを植え付けました。
 同校では、トウモロコシやジャガイモ、ダイコンの栽培や稲作などの農業体験を通じ、地域で盛んに行われている農業について学んでいます。
 この日児童たちは、岐阜県ふるさと水と土指導員の須田さんから「手首が埋まるくらいまで土を掘って」という説明を受けた後、手やスコップで一生懸命穴を掘り、メークインの種イモ約600個を順々に植えていきました。
 この日植えたジャガイモは、6月中旬に収穫し、市内の学校給食の食材として利用する予定で、児童たちは「収穫が楽しみ」と笑顔を見せていました。

美濃市広報ページ