2019年1月29日 藍見小学校5年生がみそ造りに挑戦しました

 美濃市極楽寺の藍見小学校で、5年生15人が自分たちで育てた大豆を使ったみそ造りに挑戦しました。
 みそ造りに使用した大豆は、地域の食文化を学ぶために児童たちが7月に種をまき、12月に収穫したものです。
 この日、児童たちは、食生活改善推進協議会藍見支部の6人に教わりながら、煮た大豆をビニール袋に入れて手でつぶしたり、鍋に米こうじなどを入れよく混ぜ合わせたりして、みそ玉をこしらえ、仕込みおけに詰めていきました。
 児童は「大豆をつぶすのが意外と固かった。また家でも作ってみたい。」と話していました。
 みそは1年間涼しい場所で寝かせ、出来上がったら持ち帰り、家で味わう予定です。

美濃市広報ページ