2016年3月17日 全国大会出場選手激励会が行われました

 スポーツの全国大会に出場する選手の激励会が17日、美濃市役所で行われました。
 この日、市役所を訪れたのは3月28日に北海道で開催される「はまなす杯第10回全国中学生空手道選抜大会」に出場する美濃中学校1年生の広天生さんと河合響さん、3月17日に東京で開催される「第38回JOCジュニアオリンピック春季水泳競技大会」に出場する帝京可児中学校2年生の山岡ケイさん(美濃市生櫛)、3月17日に宮崎で開催される「第16回全日本中学校バトミントン選手権大会」に出場する佐藤絢音さん(美濃市大矢田)の4人。
 武藤鉄弘市長は「病気やけがに注意し、持てる力を出し切ってきてください」と激励。
 毎週3回美濃市空手道スポーツ少年団で練習に励む広さんと河合さんは「全国大会でまずは一勝したい」「結果を残せるように練習の成果を出したい」と意気込みを語っていました。
 2歳から水泳を始めた山岡さんは「中学から本格的に始めた陸上やストレッチなどの効果が出たのか水泳の記録が伸びてきた。決勝に残れるようにベストを尽くしたい」と気持ちを高めていました。
 愛知県バトミントン協会中学生強化選手に指定されている佐藤絢音さんは「団体戦での出場なので自分の役割をしっかり果たし、ベスト8以上を目指したい」とやる気を見せていました。

mktadmin
info@mkt-system.jp