2016年3月15日 東日本大震災の義援金が届けられました

 美濃市生櫛の中有知小学校3年生児童代表2人が15日、美濃市役所を訪れ、2011年3月11日に発生した東日本大震災への義援金22,204円を篠田健康福祉課長に手渡しました。
 同校では、3年生が総合的な学習で地元農家の暮らしを学ぶため、農家の人に教えてもらいながら大根の栽培から収穫、販売までを行っており、毎年、売上金の一部を被災地や福祉関係機関へと寄付しています。
 今年は東日本大震災から5年目の節目の年であることから、被災地へ寄付することになりました。
 この日、先生と市役所を訪れたのは日置尊さんと武藤結菜さん。2人は「僕たちが大根を売ったお金です」「ぜひ東日本大震災で困っている人たちのために役立ててください」と大きな声で言いながら義援金を手渡していました。
義援金は、市から日本赤十字社岐阜県支部を通じて、被災地へ届けられます。
義援金に関する問い合わせは、健康福祉課(33-1122)まで

mktadmin
info@mkt-system.jp