2018年10月21日 第34回美濃市社会福祉大会、市民福祉講演会が開催されました

 多年にわたり社会福祉の発展に寄与した人々を表彰し、感謝の意を表することと社会福祉への理解を深めることを目的とした美濃市社会福祉大会と市民福祉講演会が、美濃市文化会館で開催されました。

 大会では、社会福祉功労者と福祉啓発ポスターの入賞者58人1団体の表彰が行われたほか、今年福祉協力校に指定された藍見小学校で行われている福祉活動の発表がありました。

 大会後に行われた福祉講演会では、義足ダンサーの大前光市さんが講師を務め、「障害とは痛い・苦しい・難しいと感じる状態のことを言うと思う。だから見た目ではなく、心の問題です」と熱く語りました。講演中、大前さんはさまざまな種類の義足を使ったダンスを披露、来場者からは割れんばかりの拍手が送られました。

美濃市広報ページ