2018年8月5日 藍見公民館主催の化石のレプリカ作り教室が行われました

2018年8月5日 藍見公民館主催の化石のレプリカ作り教室が行われました

 藍見地区公民館によるサマースクール「化石のレプリカ作り教室」が藍見地域ふれあいセンターで開催され、藍見小学校の児童11人が参加しました。

 この日は、岐阜県博物館職員3名が講師として参加。児童たちは、アンモナイトや三葉虫、サメの歯をかたどったシリコン製の型に石こうを流し込み、レプリカを作りました。

 また、石こうが固まる間、講師から恐竜や三葉虫についての話を聞いたり、ティラノサウルスの骨のイラストをなぞって描いたりして、化石について学びました。

 参加した児童は、「石こうを流し込んで、サメの歯を作ったのが楽しかった。またやりたい。」とうれしそうに話していました。

About 美濃市広報ページ