2018年8月5日 平和を願う美濃市民のつどいが行われました

 美濃市中央公民館で、原水爆禁止美濃市大会実行委員会主催の「平和を願う美濃市民の集い」が開催されました。

 この集いは、広く市民に原水爆の恐ろしさを認識してもらい、二度と戦争の悲劇を繰り返さないよう、核兵器廃絶をアピールし、世界の恒久平和を築き上げることを目的に実施されています。

 今年は、広島市の委嘱を受け、被爆体験証言者の被爆体験や平和への思いを受け継ぎ、それを伝える「被爆体験伝承者」として活動している山崎さんの講演があり、軍の工場で働いていた女性の被爆体験についての語りがありました。

 山崎さんは、原爆が落とされた瞬間の恐怖、必死に逃げているときに目の前で死んでいく人々の様子などを語り、「やさしい心、思いやりの心が平和につながります。平和の種をまいていきましょう」と呼び掛けました。

美濃市広報ページ